株式投資を始めるのに必要な資金はいくら位?

株式投資を始めるのに大金は必要ありません。

初心者はそれよりも業界と世の中のニュースに敏感になることのほうが大事です。

それを含めお話しします。

◎業界ごとに株価の付き方にはクセがある。

株式投資に大金が必要という理由はありません。

少額投資といって3万円もあれば買える株もあるし、50万円程度を用意しないと買えない株もあります。

電力・石油・ガスなどのライフライン系は比較的高値で、1株当たりの株価が高く買うときの最低株数も決まっています。

逆にベンチャー企業系などは、株価が安いので少額でたくさんの株数を保有できます。

IT系には企業によって株価にバラツキがあり、乱高下する可能性も多くあります。

業界によって株価の付き方も違うので、初心者ならまずその辺から勉強しましょう。

◎初心者のうちの株式投資準備金は10~30万円。

初心者として心得ておきたいことは、最初から売却益・売買の利益を追わないことです。

好きな業界の株を少しだけ買って、最初はその株の値動きを、関連する業界や世間のニュースとリンクさせてみていきましょう。

現実的に考えて初期の株式投資準備金は10万円~30万円。

それ以上のお金を使っても無駄になるだけです。

利益は出ないと覚悟して、世の中のニュースに敏感になるよう、新聞やネット情報を熟読しましょう。

資金が無駄になっても、一晩泣けば済む金額の範囲が妥当です。

◎株式投資を始めるのに資金の決まりはありません。

上限30万円を念頭に、小さく買って大きく増やすやり方を勉強しましょう。

株の初心者でも世の中の動きやニュースに鋭くなって流れを先読みできるようになると、少額であっても短日月に数千万の利益を出している投資家もいます。

それなどはごく少数の投資家ですが、初心者なら世の中の動きに敏感になることが第一条件です。

Comments are disabled