株式投資の考え方、ポートフォリオとは?

株の初心者であれば誰もが株式投資で得る利益を夢見ますが、大半は損失に泣き後悔します。

ポートフォリオはそうしたハメに陥らない基本的な考え方です。

◎業界によって解釈が異なるポートフォリオ。

ポートフォリオは業界によって解釈が異なります。

文具・ステイショナリーの世界では、紙ばさみを意味し、書類入れなどと解釈されることもあります。

またデザイン業界でポートフォリオと言えば、作品集・ストック作品を意味します。

仕分けといった意味合いもあります。

株式や投資の世界では、資産の仕分け、あるいは資産構成といった意味で使われます。

株だけではなく、為替や先物取引などを総合的に考えて「ポートフォリオを構築する」といったように使われています。

◎利益と損失のバランスを取って自己防衛。

資産を理想的な投資分野に分散させることで、どこかで損失が出ても、どこかで利益が出て、すべてをトータルでみたときにはプラスマイナスがゼロになる、あるいは少しでも利益がでるような資産構成を行うのがポートフォリオの理想です。

株式1つに絞ったポートフォリオなら、値動きの激しい株と、安定的な値をつけている株、長期的に成長が見込める株への投資といった具合に仕分けして投資することを指します。

初心者の場合は、とくにこの考え方を重視し損失が出ないようにすることが大事です。

◎株の初心者は“利益狙いの1本掛け”になってしまうので注意。

株は元本保証ではないので自分で安全策を講じましょう。

ポートフォリオは株の熟練者だけではなく、むしろ初心者にこそ必要な考え方です。

値動きの激しい株ばかりを狙っていると必ず大きな損失が出ます。

投資資金を分散させてリスクの最小化を図りましょう。

Comments are disabled